5月23日のペンテコステ礼拝

9:30~ 教会学校

聖書:使徒言行録2章
お話し:約束の聖霊
 
10:00~ 教会学校信仰講座(成人科クラス) 23日はお休みです(30日はあります)。
新シリーズが始まりました。「キリストの似姿に」の学び
 
10:30~聖霊降臨節第一主日礼拝
説教:「目から うろこ」
聖書:使徒言行録9章10-19a節(新共同訳新約230ページ)
賛美
讃美歌21 451「くすしきみ恵み(アメイジング・グレース)」
新聖歌   358「神なく望みなく」
ワーシップ 「この日も恵みを」(ダニーボーイ)
 
19:00~ 夕礼拝
聖書:使徒言行録9章10-19a節
説教:「目から うろこ」
 
聖霊は「精霊」ではありません。聖書が告げる、三位一体なる神(父・子:イエス・キリスト、聖霊)です。
つまり聖霊は私たちが礼拝する神です。
聖書に三位一体という言葉そのものはありません。しかし教会は聖書が証言する神を表す言葉として用いてきました。
三位一体は、三つのパーソナリティー(「位格」と訳されます)を持つ一人の神と言う意味です。
キリスト教は、三つの神を礼拝する多神教ではありません。唯一神を礼拝する代表的なものです。
この聖霊の到来を覚えるのが「ペンテコステ」です。「ペンテコステ」自体には、「50日目の祭」という意味があります。
今回の礼拝は、ペンテコステの出来事ではありませんが、有名なサウロ(後のパウロ)の回心の出来事を見ます。
彼の「目からうろこ」体験は、今の私たちにも語りかける大切な出来事です。
どうぞお出かけください。
広告
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。